RELEASE

ZOMBIE-CHANG digital single『MIMOSA』

  • tracklist
    1. MIMOSA

発売日:2019年12月23日(mon) 価格:単曲¥250
発売元:Roman LABEL / Bayon Production

フランス・パリのアーティスト/コンポーザー”Pierre Rousseau”と共作となった新曲「MIMOSA」が緊急リリース!

digital all Link
https://linkco.re/qXzA6Dnb

YOUTUBE
https://www.youtube.com/watch?v=aXuQ2LU5CAg

Yogee New Waves 7inch vinyl『to the moon / あしたてんきになれ』

  • 7inch vinyl ※初回プレス限定
    tracklist
    SIDE A to the moon
    SIDE B あしたてんきになれ

発売日:2019年12月04日(wed) 価格:¥1,700(税抜価格) 品番:VIKL-30011
発売元:Colourful Records / BAYON PRODUCTION


オリンピックを前にした東京の狂騒へのアイロニーが内包された「別に明日死ぬわけじゃないし ここは東京 いかれた気分さ」という歌詞、「ねえ 月まで行こうか」と歌い、諦念や逃避など様々な感情を想起させるボーカルなど、東京で生まれ育った角舘健悟(Vo/Gt)が切り取る“今の都市への時代精神”を感じる作品。淡々としつつも有機的なビートに加え、夢見心地なシンセサウンドから生まれるSF感など独特の浮遊感を味わえるサウンドで構成されている楽曲。 – to the moon –

Yogee New Waves 4th e.p.『to the MOON e.p.』

  • tracklist
    DISC 1 [CD]
    1. to the moon
    2. あしたてんきになれ
    3. Honey Pie
    4. Sweet Melodies
    5. to the moon [Sen Morimoto Remix]

    DISC 2 [DVD]
    「C.A.M.P. DA HOI」

発売日:2019年12月04日(wed) 価格:¥2,500(税抜価格) 品番:VIZL-1657
発売元:Colourful Records / BAYON PRODUCTION


オリンピックを前にした東京の狂騒へのアイロニーが内包された「別に明日死ぬわけじゃないし ここは東京 いかれた気分さ」という歌詞、「ねえ 月まで行こうか」と歌い、諦念や逃避など様々な感情を想起させるボーカルなど、東京で生まれ育った角舘健悟(Vo/Gt)が切り取る“今の都市への時代精神”を感じる作品。淡々としつつも有機的なビートに加え、夢見心地なシンセサウンドから生まれるSF感など独特の浮遊感を味わえるサウンドで構成されている楽曲。 – to the moon –
―――――――――――――――――――――――――
《プロフィール》
2013年に活動開始。2014年4月にデビューe.p.『CLIMAX NIGHT e.p.』を全国流通でリリース。その後『FUJI ROCK FESTIVAL』《Rookie A GoGo》に出演。9 月には1st album『PARAISO』をリリースし、年間ベストディスクとして各メディアで多く取り上げられる。これまでに国内の多くのフェス、中国や台湾、韓国、タイ、香港などアジア各国でのツアーの成功など、海外での活動も広がる中、2019年3月には3rd アルバム「BLUEHARLEM」をリリースし、全14公演に及ぶ全国ツアー「TOUR BLUEHARLEM 2019」を開催。9月からは初のマレーシア公演、そして中国主要7都市を含む4カ国10都市に及ぶアジアツアーを開催中。さらに、最新曲「to the moon」が自身初のドラマタイアップ(テレビ東京ほかドラマ25「ひとりキャンプで食って寝る」主題歌)に決定し、同楽曲を収録した4th e.p.「to the MOON e.p.」を12月4日にリリース。また、恒例の対バンツアー“Dreamin Night Tour 2020”を2020年3月より開催予定。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
「to the moon」 タイアップ・ドラマ情報
番組名:ドラマ25「ひとりキャンプで食って寝る」
放送日時:2019年10月18日(金)スタート 毎週金曜深夜0時52分~1時23分
放送局:テレビ東京 テレビ大阪 ほか
配信:ひかりTV、パラビ
出演:三浦貴大 夏帆
演出:冨永昌敬 横浜聡子 
脚本:冨永昌敬 保坂大輔 飯塚花笑
プロデューサー:大和健太郎 滝山直史 横山蘭平
番組公式HP:https://www.tv-tokyo.co.jp/hitoricamp/

http://yogeenewwaves.tokyo

D.A.N. digital single『Aechmea』

  • tracklist
    1. Aechmea Ⅰ
    2. Aechmea Ⅱ

発売日:2019年10月16日(wed) 価格:単曲¥250 / パッケージ¥500
発売元 : SSWB / Bayon Production

digital all Link
https://linkco.re/GSafGBUB

―――――――――――――――――――――――――

2ndアルバム『Sonatine』以来の新曲「Bend」「Elephant」とともに、東名阪ツアー〈BEND〉を走り抜け、海外での配信リリースなど、確実にその活動スケールを広げているD.A.N。そんななかはじまる国内ツアー〈PERMANENT〉開始とともに届けられた新曲が「Aechmea」だ。もともとは「Aechmea」、ただ1曲として長尺の楽曲として成立していた楽曲が、「I」「II」のふたつの楽曲にセパレートされて発表された。悠久の時の流れを描くような、櫻木大悟のヴォーカル─幽玄に重なるピッチシフトされた声の連なりでスタートする「I」。その後ろ側には新たに彼らが選び取った、市川仁也のエレクトロニック・チェロの響きが交差する。アルカ以降のアヴァン・エレクトロニクス〜アーサー・ラッセルの『ワールド・オブ・エコー』を彷彿とさせるコスモロジー、それは川上輝のアートコア・ジャングルを援用したかのようなドラムで一気に走り抜ける。そしてスペーシーなシンセ・サウンドとともに一転してゆったりとダビーでヘヴィーなグルーヴへと移行する『II』。「I」とモチーフを共有しながら、そのコズミックな世界観を拡張するように壮大なヴィジョンの彼方へと遠ざかっていく。本楽曲はあたかも、拡大する、D.A.N.のその活動のスケールをそのまま示す、壮大なるヴィジョンを描いていく。

TEXT by 河村祐介

ZOMBIE-CHANG digital single『GOLD TRANCE』

  • tracklist
    1. ZOMBIE-CHANCE 2019
    2. GOLD TRANCE
    3. 嘘じゃないけど

発売日:2019年9月13日(fri) 価格:単曲¥250 / パッケージ¥750
発売元:Roman LABEL / Bayon Production

ZOMBIE-CHANGの新曲がデジタルシングルとしてリリース!コスメメーカー”アリミノ”の「ASIAN COLOR FES」コラボレーション楽曲となった「GOLD TRANCE」を含む全3曲収録。今作はメイリン一人で制作した打ち込みメインで彼女のトラックメイクの才能を垣間見える作品になっている。

digital all Link
https://lnk.to/zombiechang-goldtrance
―――――――――――――――――――――――――
《Profile》
メイリンのソロプロジェクト、ZOMBIE-CHANG(ゾンビーチャング)
作詞作曲、トラック、リリック全てを彼女が手掛け、2016年に配信「恋のバカンス E.P.」でデビュー。その後、1stアルバム『ZOMBIE-CHANGE』をリリース。2017年3月には2ndアルバム『GANG!』をリリースし、リリースパーティーを青山のPIZZA SLICEで開催。また、SUMMER SONIC 2017、WORLD HAPPINESS、コヤブソニックなどのフェス出演や、TAICOCLUB主催のサンリオ43周年パーティー、sacaiとUNDERCOVERによるPartyへのライブ出演など、活動範囲は多岐に渡る。2018年からは3ピースバンド体制で始動。3rdアルバム『PETIT PETIT PETIT』をリリースし、フジロックへの出演、初のツアーを国内3都市と、中国、台北、香港のアジアツアーも決行し盛況に終える。今年、同アルバムをUKのレーベルからVinylでリリース予定。昨年、カナダのR&BシンガーThe Weekndが、自身で選曲したApple musicのRadio Program “beats1″に「イジワルばかりしないで」を選曲、またインスタグラムの告知ティザーのBGMでも使用され大きな話題に。音楽プロジェクト以外にも、モデルとしても活動。ジャンルに捉われないオリジナルティ溢れる音楽性と、 独自の世界観を放つライブ・パフォーマンスは中毒性が高く、今最も注目される女性アーティストのひとり。

Yogee New Waves cassette tape『PARAISO』

  • SIDE A
    1. Megumi no Amen
    2. Summer
    3. Climax Night
    4. Good Bye
  • SIDE B
    5. Hello Ethiopia
    6. Earth
    7. Listen
    8. Dreamin Boy
    9. Camp

2019.09.10 RELEASE / ROMAN-019 / ¥1,500(税込価格)
ROMAN RABEL / BAYON PRODUCTION

※仕様:プラスチックケース / 真空パック / シリアルナンバー刻印
※ライブ会場限定販売・数量限定(100本)

2014年に発売したYogee New Waves、1st Full Album『PARAISO』が5周年を記念しカセットテープを数量限定でリリース!

2014年9月10日リリースした、1st album『PARAISO』のカセットテープが完成。9月10日のWWWXでのライブから販売スタートします。
名曲「CLIMAX NIGHT」そして「Good bye」がニューヴァージョンとして新録された他、「Hello Ethiopia」「Summer」「Listen」などを収録した全9曲。この現代に、都会で生まれ育った彼等だからこそ鳴らせる音色、都心とはことさら離れた土地の纏う雰囲気、空気の質感、直感で素直に歌い上げる様にはどこか懐かしく追想してしまう日本のポップミュージックの面影を感じさせる。海を越え、山を見下ろせる人里離れた所へ、二人だけのバカンスに出よう。楽園を探そう。。。そうしてまた帰ってくる都会での生活、人生の良き瞬間を頭の中で増幅させ、擦れた都会性をも帯びたこの1枚こそが、現代の“シティ・ポップ”の機軸になるであろう名盤となる。

Yogee New Waves 12inch Vinyl『PARAISO』(reissue)

  • SIDE A
    1. Megumi no Amen
    2. Summer
    3. Climax Night
    4. Good Bye
  • SIDE B
    5. Hello Ethiopia
    6. Earth
    7. Listen
    8. Dreamin Boy
    9. Camp

2019.09.10 RELEASE(店頭では9月13日(金)より発売) / HRLP177 (ROMAN-018) / ¥3,000(税抜価格)
ROMAN RABEL / BAYON PRODUCTION

※180g Heavy Disc ※Color Vinyl


《取り扱い店舗》
・HMV渋谷RECORD SHOP
・HMV新宿RECORD SHOP
・HMV吉祥寺RECORD SHOP
・TOWER RECORDS(一部店舗)
・JET SET
・DISK UNION(一部店舗)
・Flake Records
・fastcut Records
・Recordshop Zoo
・Stereo records

海を越え、山を見下ろせる人里離れた所へ、二人だけのバカンスに出よう。楽園を探そう・・・
先人たちのポップス感覚、とりわけ“シティ・ポップ”の定義を新たな形で提示した、2014年に発売したYogee New Waves、1st Full Album『PARAISO』のアナログ盤が再発リリース!


2014年9月10日リリースした、1st album『PARAISO』。2015年4月にはアナログ盤を発売し瞬く間に店頭から消えた幻のレコードが、CD発売から5周年を記念して、2019年9月10日、180Gの重量盤、クリアカラー仕様で再び蘇ります。初回プレス限定です。
名曲「CLIMAX NIGHT」そして「Good bye」がニューヴァージョンとして新録された他、「Hello Ethiopia」「Summer」「Listen」などを収録した全9曲。この現代に、都会で生まれ育った彼等だからこそ鳴らせる音色、都心とはことさら離れた土地の纏う雰囲気、空気の質感、直感で素直に歌い上げる様にはどこか懐かしく追想してしまう日本のポップミュージックの面影を感じさせる。海を越え、山を見下ろせる人里離れた所へ、二人だけのバカンスに出よう。楽園を探そう。。。そうしてまた帰ってくる都会での生活、人生の良き瞬間を頭の中で増幅させ、擦れた都会性をも帯びたこの1枚こそが、現代の“シティ・ポップ”の機軸になるであろう名盤となる。

D.A.N. single『Bend / Elephant』

  • tracklist
    1. Bend
    2. Elephant
    3. Elephant -Instrumental-

発売日:2019年6月20日(thu) 価格:¥1,000(税込価格) 品番:SSWB-010
発売元:SSWB / Bayon Production

D.A.N.待望の新曲は、未発表の最新2曲とインストver.を含む全3曲収録のニューシングル!
リリースは、ライブ会場限定で、6月20日のTOUR”BEND”から販売スタート。
初回プレス限定になります。
————-
シングル「Chance」からはじまったD.A.N.の2018年は、オリジナル・メンバー3人のみでははじめてとなるツアーを慣行、さらには2ndアルバム『Sonatine』をリリース、さらには日本国内はもちろんのこと、アジア・ツアーなど海外でのライヴ、フェスに出演し、バンド活動の第2章を象徴するような、その活動の場を広げた年となった。そして約1年ぶりの届けられた新曲たち。幽玄なピアノのフレーズがゆったりとループするダウンテンポではじまる「Bend」は、微細な電子音のサイケデリアをまといながら、楽曲の後半に進むほどに、激しさを増すドラムとともにエモーショナルに美しく高揚していく。5分の時間軸はその壮大な流れとヴィジョンで限りなく広がっていく。勢いだけでは表現できない、現在のD.A.N.の成熟した音楽性を示すサウンドと言えるだろう。
トロピカルなハウス・グルーヴを身につけた「Elephant」は、「Tempest」や「Sundance」といった楽曲で彼らが行ってきたダンス・ミュージックの援用の延長線上にある。野太くシンプルな、ドラム&ベースが刻むグルーヴ。さらに磨きをかけた音質というファクターも、そこには大きな要因としてこの楽曲をより魅力的なものとしている。さまざまな声や電子音がリズムの上で、カット&ペーストされ広がっていく、より研ぎ澄まされたプロダクションがあっての音像といえるだろう。
この楽曲をインストでもリリースするというのは、そこに彼らの音に対するスタンスも見ることもできる。
D.A.N.の第3章はここからはじまる。

Text by 河村祐介

―――――――――――――――――――――――――
《Profile》
2014年、櫻木大悟(Gt,Vo,Syn)、市川仁也(Ba)、川上輝(Dr)の3人で活動開始。様々なアーティストの音楽に対する姿勢や洗練されたサウンドを吸収しようと邁進し、いつの時代でも聴ける、ジャパニーズ・ミニマル・メロウをクラブサウンドで追求したニュージェネレーション。2015年7月にデビューe.p『EP』をリリース。2016年4月に待望の1sアルバム『D.A.N.』をリリースし、CDショップ大賞2017の入賞作品に選出。7月には2年連続でFUJI ROCK FESTIVAL’16に出演。また同年のFUJI ROCKオフィシャルアフタームービーのBGMで「Zidane」が起用される。2017年2月にJames Blakeの来日公演でO.Aとして出演。4月にはミニアルバム『TEMPEST』をリリース。11月に初の海外公演をLONDONで行い、滞在中にはFloating Pointsのスタジオで制作活動を行う。現地のジャイルス・ピーターソンのラジオ番組〈Worldwide FM〉に出演しスタジオライブを敢行。2018年2月、UKのThe xx来日東京公演のO.Aを務める。5月にUK TOURを敢行し”THE GREAT ESCAPE’18″に出演。7月には2ndアルバム『Sonatine』をリリースし、FUJI ROCK FES’18へ出演。9月から12月にかけて、リリースツアーとして、アジア(中国4都市、台湾、バンコク、香港)と、国内9都市の全17公演を開催。不定期で行う自主企画〈Timeless〉ではこれまで、LAからMndsgn、UKからJamie Isaacなど海外アーティストを招聘して開催している。

never young beach 4th album『STORY』Vinyl

  • SIDE A
    01. Let’s do fun
    02. STORY
    03. 春を待って
    04. うつらない
    05. 春らんまん
  • SIDE B
    06. いつも雨
    07. 歩いてみたら
    08. 思うまま
    09. 魂のむかうさき
    10. Opening

発売日:2019年5月8日(wed) 価格:¥3,500(税抜価格) 品番:VIJL-60203
発売元:発売元:SPEEDSTAR RECORDS / BAYON PRODUCTION


70年代のシュギー・オーティス、細野晴臣、90年代の小沢健二、00年代のゆらゆら帝国……。
かつて彼らが挑んだ大きな変化が、未来を大きく変えた。never young beachによる4枚目のアルバム
『STORY』は、きっとそういう重要な作品のひとつだ。過去をリスペクトしながら自分たちを信じ
て挑んだ新しいサウンドで、時代の空気に抗いながら、人の思いに寄り添い、いまを照らし、毎日を
鼓舞する。現代に響くニューソウルのように、きっと明日の音楽を変えるだろう。
このチャレンジはきっと明日の空気を変える

<STORY特設サイト>
https://www.jvcmusic.co.jp/nyb/
―――――――――――――――――――――――――
《Profile》
never young beachは、土着的な日本の歌のDNAをしっかりと残しながら、USインディなど洋楽に影響を受けたサウンドと極上のポップなメロディ、そして地に足をつけて等身大の歌詞をうたった音楽で、音楽シーンに一石を投じる存在として、今最も注目を集めるバンド。
2014年春に結成、2015年5月に1stアルバム『YASHINOKI HOUSE』を発表し、7月には「FUJI ROCK FESTIVAL ’15」に初出演する。2016年には2ndアルバム『fam fam』をリリースし、さまざまなフェスやライブイベントに参加。2017年7月にSPEEDSTAR RECORDSよりメジャーデビューアルバム『A GOOD TIME』を発表。2018年10月に10inchアナログシングル『うつらない/歩いてみたら』をリリース。
そして、4枚目となるアルバム『STORY』を2019年5月8日にリリースし、同月よりツアーファイナルNHKホールまで全国6都市にてホールツアーを行う。

never young beach 4th album『STORY』通常盤

  • tracklist
    01. Let’s do fun
    02. STORY
    03. 春を待って
    04. うつらない
    05. 春らんまん
    06. いつも雨
    07. 歩いてみたら
    08. 思うまま
    09. 魂のむかうさき
    10. Opening

発売日:2019年5月8日(wed) 価格:¥2,800(税抜価格) 品番:VICL-65184
発売元:発売元:SPEEDSTAR RECORDS / BAYON PRODUCTION


70年代のシュギー・オーティス、細野晴臣、90年代の小沢健二、00年代のゆらゆら帝国……。
かつて彼らが挑んだ大きな変化が、未来を大きく変えた。never young beachによる4枚目のアルバム
『STORY』は、きっとそういう重要な作品のひとつだ。過去をリスペクトしながら自分たちを信じ
て挑んだ新しいサウンドで、時代の空気に抗いながら、人の思いに寄り添い、いまを照らし、毎日を
鼓舞する。現代に響くニューソウルのように、きっと明日の音楽を変えるだろう。
このチャレンジはきっと明日の空気を変える

<STORY特設サイト>
https://www.jvcmusic.co.jp/nyb/
―――――――――――――――――――――――――
《Profile》
never young beachは、土着的な日本の歌のDNAをしっかりと残しながら、USインディなど洋楽に影響を受けたサウンドと極上のポップなメロディ、そして地に足をつけて等身大の歌詞をうたった音楽で、音楽シーンに一石を投じる存在として、今最も注目を集めるバンド。
2014年春に結成、2015年5月に1stアルバム『YASHINOKI HOUSE』を発表し、7月には「FUJI ROCK FESTIVAL ’15」に初出演する。2016年には2ndアルバム『fam fam』をリリースし、さまざまなフェスやライブイベントに参加。2017年7月にSPEEDSTAR RECORDSよりメジャーデビューアルバム『A GOOD TIME』を発表。2018年10月に10inchアナログシングル『うつらない/歩いてみたら』をリリース。
そして、4枚目となるアルバム『STORY』を2019年5月8日にリリースし、同月よりツアーファイナルNHKホールまで全国6都市にてホールツアーを行う。