ARTIST

Yogee New Waves

2013年に活動開始。2014年4月にデビューe.p.『CLIMAX NIGHT e.p.』をリリースし7月の『FUJI ROCK FESTIVAL』《Rookie A GoGo》に出演。

9月には1st Album『PARAISO』をリリースし、年間ベストディスクとして各メディアで多く取り上げられる。

これまでに国内の多くのフェス、上海、北京や台北、ソウル、バンコク、香港などアジア各地でのツアーの成功など、海外での活動も広がる中、2019年3月に「BLUEHARLEM」をリリースし、国内14公演と中国7都市を含むアジア全10都市に及ぶ「TOUR BLUEHARLEM 2019」を開催。

2021年、4年ぶりとなるFUJI ROCK FESTIVAL’21や、各地野外フェスへ出演。

そして約2年半ぶりとなるニューアルバム「WINDORGAN」を10月13日にリリースし、全14都市を巡る全国ツアー“WINDORGAN TOUR” を開催。

2022年3月、初となる日比谷野外大音楽堂でのワンマンライブを成功で終える。

Yogee New Waves is a Japanese rock band formed in 2013.

Debut EP CLIMAX NIGHT was released nationwide in April 2014.

Later that year, the band performed at the highflying『FUJI ROCK FESTIVAL』《Rookie A GoGo》Stage followed by the release of their first album PARAISO which was nominated as the Best Disk of the Year by the Media.

Not only successful nationwide activities, but Yogee New Waves is also active overseas and held tours successfully in Asian cities, including Shanghai, Beijing, Taipei, Seoul, Bangkok, and Hong Kong.

In March 2019, Yogee New Waves released their 3rd album BLUEHARLEM, and held a one-man tour called TOUR BLUEHARLEM 2019 in 14 cities in Japan.

Furthermore, with the album, they also headlined tours in China and other Asian cities.

In 2021, they appeared at domestic festivals in Japan, such as FUJI ROCK FESTIVAL’21, and finally, they dropped their long-awaited new album WINDORGAN on the 13th of October and the WINDORGAN TOUR was held in 14 cities in Japan.

In March 2022, the first one-man live concert at Hibiya Open-Air Concert Hall ended in success.

土着的な日本の歌のDNAをしっかりと残しながら、USインディなど洋楽に影響を受けたサウンドと極上のポップなメロディ、そして地に足をつけて等身大の歌詞をうたった楽曲で、音楽シーンに一石を投じる存在として、注目を集めるバンド。2014年春に結成。2015年に1stアルバム「YASHINOKI HOUSE」を発表し、「FUJI ROCK FESTIVAL」に初出演。2016年に2ndアルバム「fam fam」をリリースし、様々なフェスやライブイベントに参加。2017年にSPEEDSTAR RECORDSよりメジャーデビューアルバム「A GOOD TIME」を発表。2018年に10inchアナログシングル「うつらない/歩いてみたら」をリリース。そして2019年に、4thアルバム「STORY」を発表し、初のホールツアーを開催。また近年は上海、北京、成都、深圳、杭州、台北、ソウル、バンコクなどアジア圏内でもライブに出演。

Often regarded as the resurgence of Haruomi Hosono’s legendary Japanese folk-rock group Happy End, never young beach has been grabbing much attention in the Japanese music scene with its unique pop melody and down-to-earth lyrics,
and combining its native Japanese sounds mixed with influences from American indie music. Formed in the spring of 2014 in Tokyo, debut album “YASHINOKI HOUSE” was released in May 2015, followed by 2nd album “fam fam”, released
in June 2016. Both albums were nominated for the “CD Shop Awards”. The group performed in various large festivals including “FUJI ROCK FESTIVAL”, “RISING SUN ROCK FES”, “ROCK IN JAPAN”, and “GREENROOM FES”, and their
major debut album “A GOOD TIME” was released in July 2017 from Victor Entertainment. The record release tour were all sold out (11 cities / 12 shows), and the group had invited Devendra Banhart from Los Angeles, an artist whom they cite as one of their biggest influences, as a special guest for their added show in Tokyo at Studio Coast (2500 cap). The band had also previously supported the Japanese tours for The Growlers, Mild High Club, and Tommy Guerrero. An interview with the band’s singer Yuma and Haruomi Hosono were recently published in conjunction with Hosono’s new record release.

2014年、櫻木大悟(Gt,Vo,Syn)、市川仁也(Ba)、川上輝(Dr)の3人で活動開始。様々なアーティストの音楽に対する姿勢や洗練されたサウンドを吸収しようと邁進し、いつの時代でも聴ける、ジャパニーズ・ミニマル・メロウをクラブサウンドで追求したニュージェネレーション。2015年7月にデビューe.p『EP』をリリース。2016年4月に待望の1sアルバム『D.A.N.』をリリースし、CDショップ大賞2017の入賞作品に選出。7月には2年連続でFUJI ROCK FESTIVAL’16に出演。また同年のFUJI ROCKオフィシャルアフタームービーのBGMで「Zidane」が起用される。2017年2月にJames Blakeの来日公演でO.Aとして出演。4月にはミニアルバム『TEMPEST』をリリース。11月に初の海外公演をLONDONで行い、滞在中にはFloating Pointsのスタジオで制作活動を行う。現地のジャイルス・ピーターソンのラジオ番組〈Worldwide FM〉に出演しスタジオライブを敢行。2018年2月、UKのThe xx来日東京公演のO.Aを務める。5月にUK TOURを敢行し”THE GREAT ESCAPE’18″に出演。7月には2ndアルバム『Sonatine』をリリースし、FUJI ROCK FES’18へ出演。9月から12月にかけて、リリースツアーとして、アジア(中国本土4都市、台湾、バンコク、香港)と、国内9都市の全17公演を開催。2019年6月、シングル『Bend / Elephant』を会場限定でリリース。同作はUKのPIASよりデジタルリリース。不定期で行う自主企画〈Timeless〉ではこれまで、LAからMndsgn、UKからJamie Isaacなど海外アーティストを招聘して開催している。

D.A.N. were formed in the summer of 2014 in Tokyo. Their unique and thoroughly modern sound, sitting somewhere between the minimal alt-pop of The xx and the live dance music dynamic of Caribou has won them fans throughout their home country, and an offer to appear at the prestigious Fuji Rock Festival in 2016 has been swiftly followed by the band opening for international artists including James Blake and Floating Points in Japan. Late 2017 took the band to London, where they spent some time recording with Floating Points at his personal studio, appeared on Giles Peterson’s Worldwide Radio and performed at the legendary Hackney hipster haunt The Shacklewell Arms. With influences ranging from underground house and techno through to psychedelic and African music, the three piece are equally at home in the club as they are on a festival stage, and are being widely touted as the most exciting prospect to emerge from the Tokyo scene in many years.

ZOMBIE-CHANG

メイリンのソロプロジェクト、ZOMBIE-CHANG(ゾンビーチャング)
作詞作曲、トラック、リリック全てを彼女が手掛け、2016年に配信「恋のバカンス E.P.」でデビュー。その後、1stアルバム『ZOMBIE-CHANGE』2017年 2ndアルバム『GANG!』をリリース。2018年に3rdアルバム『PETIT PETIT PETIT』をリリースし、FUJI ROCK FESTIVAL ‘18への出演。初のツアーを国内3都市と、北京、上海、台北、香港のアジアツアーも決行し盛況に終える。カナダのR&BシンガーThe Weekndが、自身で選曲したApple MusicのRadio Program “beats1″に「イジワルばかりしないで」を選曲、またインスタグラムの告知ティザーのBGMでも使用され大きな話題に。2019年にはフランスの音楽フェス“La Magnifique Society”に出演し、UKのレーベル“Toothpaste Records”よりVinyl『PETIT PETIT PETIT』をリリース。2020年には4thアルバム『TAKE ME AWAY FROM TOKYO』をリリース。テレビ番組やCM、Marc Jacobsなどアパレルブランドにも楽曲提供を行い、アートワーク、MVのプロデュース、グッズ制作まで全てを手掛ける。音楽プロジェクト以外にも、モデル、女優業などでも活動。ジャンルに捉われないオリジナルティ溢れる音楽性と、 独自の世界観を放つライブ・パフォーマンスは中毒性が高い。2021年10月パラッパラッパーのコラボレーションCMに書き下ろした最新アルバム「STRESS de STRESS」をリリース。

Solo Project by Meirin, ZOMBIE-CHANG.
She produces the songs, tracks, and lyrics on her own, and debuted in 2016 with her digital EP “Koi no Vacance EP”. Later that year, she released her 1st album ZOMBIE-CHANGE. In March of 2017, she released her 2nd album GANG! and held a release party at PIZZA SLICE Aoyama. She released her 3rd album “PETIT PETIT PETIT” in 2018 and performed at FUJI ROCK FESTIVAL ’18. She went on her first tour through 3 cities in Japan and held a successful Asia tour in Beijing, Shanghai, Shenzhen, Taipei, and Hong Kong. Her song “IJIWARU BAKARI SHINAIDE” was playlisted on Apple Music’s Radio Program “beats1” curated by the Canadian R&B singer The Weekend. It was also used as the BGM for his announcement teaser on Instagram which brought a lot of attention. In June of 2019, she performed at the music festival La Magnifique Society held in France. In September, she released “PETIT PETIT PETIT” on vinyl through the UK Label “Toothpaste Records”. She is also active in modeling and writing, expanding her area of work. Her musicality full of originality goes beyond genres and her live performances are addictive with its unique worldview, making her one of the most promising female artists right now.

mitchel

VJ/Web Creator。2000年よりVISUAL AND ECHO JAPANに所属し、年間数十件以上様々なジャンルのWEB制作に携わる。自身にてディレクションを始めマークアップからプログラム、デザインまでWEBに関わる様々な業務を一手にこなす。 また2006年、旅団「IyaoiRythum」の撮影およびPV制作を皮切りに、RUMI、環ROY×Fragment、sgt.、MAKKENZ、SKYFISH feat.鎮座DOPENESS、Clean Of Core、DJ BAKUなどのミュージックビデオを制作。 そして2008年頃からバンドライブステージでのVJとして活動を開始。自身がメンバーとして所属するnegoの他に、共演するアーティストとコラボレーションしながら素材を作り込みよりライブ感のあるVJを追究。 D.A.NのVJとしてFUJI ROCK FESTIVAL ’16、ROVO and System7のアジアツアーそしてFUJI ROCK FESTIVAL ’14、GOMA & The Jungle Rhythm Sectionにて台湾公演、FUJI ROCK FESTIVAL ’13、Crystal lake、YOLZ IN THE SKY、七尾旅人、U-zhaan、大宮エリー、L.E.D、あらかじめ決められた恋人たちへ、STUTS、旅団、うみのて、sgt.、ドラびでお等に客演。そしてWEBクリエイターとしては、七尾旅人氏と共同でダウンロードシステム「DIY STARS」の開発やKAIKOO POPWAVE FESTIVAL、U-zhaan.com、ROVO、レイハラカミ、プロジェクトFUKUSHIMA!など親交の深いアーティストのWEBサイトを制作運営行っている。たまに大宮エリーUstream番組「スナックエリー」の”カメラの人”担当。”音楽”を中心にリアルとネットを行き来しながら、WEBと映像の表現を多岐に渡り追究している。