RELEASE

D.A.N. digital single『Aechmea』(Airhead Remix)

  • tracklist
    1. Aechmea [Airhead Remix]

発売日:2020年6月6日(sat)
発売元 : SSWB / Bayon Production

digital all Link
https://lnk.to/aechmeaairheadremix
―――――――――――――――――――――――――

D.A.N.が昨年リリースした3曲のシングルを、Mogwai、Airhead、食品まつり a.k.a foodmanの
3アーティストがそれぞれremixを手掛け、5/23より3週連続でデジタルリリースします!
3週目は、James Blakeのサポートギタリストでもあり、JBが主宰するレーベル”1-800 DINOSAUR”や”HEMLOCK”などから作品をリリースするUKのプロデューサー<Airhead>による『Aechmea』

comment
‘I met with Daigo in a pub in February where he told me about conspiracy theories and modular synthesis.
This remix was fun to make and the original is very good’
“今年の2月、ダイゴとロンドンのパブで再会しました。彼はそこで、陰謀論やモジュラーシンセについて話してくれたのが印象に残っています。
「Aechmea」はオリジナルバージョンがすごく良かったので、この楽曲をリミックスできたことは自分にとっても楽しい体験でした。”
from Airhead

D.A.N. digital single『Bend』(Mogwai Remix)

  • tracklist
    1. Bend [Mogwai Remix]

発売日:2020年5月30日(sat)
発売元 : SSWB / Bayon Production

digital all Link
https://lnk.to/bendmogwairemix
―――――――――――――――――――――――――

D.A.N.が昨年リリースした3曲のシングルを、Mogwai、Airhead、食品まつり a.k.a foodmanの
3アーティストがそれぞれremixを手掛け、5/23より3週連続でデジタルリリースします!
結成25年、90年代後半にポストロックという潮流を生み、いまだシーンを牽引し続ける重鎮でありグラスゴーの至宝<Mogwai>。
フロントマンであるスチュワートによる、轟音的アプローチを響かせ叙情的に美しく昇華させた『Bend』

comment
“I really enjoyed remixing DAN. It’s always interesting to get a look at how other people
make music and getting to put my own touch to it. I’m really happy with how it turned out.
“「Bend」のリミックス、とても楽しませてもらいました。アーティストがどのように音楽を創造しているのかを覗き込み、
自分の手で触れるということは、いつも興味深い体験です。その時間を経て生まれた今回のリミックスに、とても満足しているし、うれしく思っています。”
from Stuart Braithwaite (Mogwai)

D.A.N. digital single『Elephant』(食品まつり a.k.a Foodman Remix)

  • tracklist
    1. Elephant [食品まつりa.k.a foodman Remix]

発売日:2020年5月23日(sat)
発売元 : SSWB / Bayon Production

digital all Link
lnk.to/elephantfoodmanremix
―――――――――――――――――――――――――

D.A.N.が昨年リリースした3曲のシングルを、Mogwai、Airhead、食品まつり a.k.a foodmanの
3アーティストがそれぞれremixを手掛け、5/23より3週連続でデジタルリリースします!
1週目は、国内外の様々なレーベルからリリースを重ね、シカゴ・フットワークからのインスパイアと
ポスト・インターネット以降のハイブリッドな感覚から浮かび上がる特異のサウンドで、
ニューエイジやアンビエントとひも付ける新世代の電子音楽家<食品まつり a.k.a foodman>による『Elephant』

comment
原曲がディープなトライバルさがあり、歌詞の世界観も含めて異世界感がとても面白いと思いました。
今回は自分がバンドマンになったような感覚でパーカッシブかつアンビエント寄りなアレンジで組み直してみました。
from 食品まつり a.k.a foodman

never young beach 7inch Vinyl『サイダーのように言葉が湧き上がる / シティサイド・ラプソディ』

  • tracklist
    SIDE A. サイダーのように言葉が湧き上がる
    SIDE B. シティサイド・ラプソディ

発売日:2020年5月13日(wed) 価格:¥1,500(税抜価格) 品番:VIKL-30015
発売元:発売元:SPEEDSTAR RECORDS / BAYON PRODUCTION


フライングドッグ10周年記念作品、映画「サイダーのように言葉が湧き上がる」主題歌!
1月に映画『ロマンスドール』主題歌「やさしいままで」を配信リリースし、3月からは『ネバヤンのギャー!!ツアー』を控え、話題沸騰中のnever young beachが、5月公開のフライングドッグ10周年記念作品アニメ映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』の主題歌を書き下ろし!本作は、4th AL「STORY」や配信シングル「やさしいままで」で魅せたサウンドの境地と、3rd AL「A GOOD TIME」のエネルギッシュで明るい雰囲気を取り込んだアップチューンの楽曲で、映画の舞台である田園風景や少年少女の多感な気持ちを代弁するような青くみずみずしい楽曲となっている。
映画内では「レコード」や「プレス工場」などがキーワードとして登場、親和性が高いアナログ盤もリリース!

<映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』予告映像>
https://www.youtube.com/watch?v=luWcue3t2OU

never young beach single『サイダーのように言葉が湧き上がる』

  • tracklist
    1. サイダーのように言葉が湧き上がる
    2. シティサイド・ラプソディ
    3. サイダーのように言葉が湧き上がる (Instrumental)
    4. シティサイド・ラプソディ (Instrumental)

発売日:2020年5月13日(wed) 価格:¥1,000(税抜価格) 品番:VICL-37536
発売元:発売元:SPEEDSTAR RECORDS / BAYON PRODUCTION


フライングドッグ10周年記念作品、映画「サイダーのように言葉が湧き上がる」主題歌!
1月に映画『ロマンスドール』主題歌「やさしいままで」を配信リリースし、3月からは『ネバヤンのギャー!!ツアー』を控え、話題沸騰中のnever young beachが、5月公開のフライングドッグ10周年記念作品アニメ映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』の主題歌を書き下ろし!本作は、4th AL「STORY」や配信シングル「やさしいままで」で魅せたサウンドの境地と、3rd AL「A GOOD TIME」のエネルギッシュで明るい雰囲気を取り込んだアップチューンの楽曲で、映画の舞台である田園風景や少年少女の多感な気持ちを代弁するような青くみずみずしい楽曲となっている。
映画内では「レコード」や「プレス工場」などがキーワードとして登場、親和性が高いアナログ盤もリリース!

<映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』予告映像>
https://www.youtube.com/watch?v=luWcue3t2OU

never young beach digital album『HALL TOUR 2019 “STORY” Live at NHK HALL』

  • tracklist
    01. STORY
    02. どうでもいいけど
    03. Motel
    04. あまり行かない喫茶店で
    05. 雨が降れば
    06. 気持ちいい風が吹いたんです
    07. 春を待って
    08. どんな感じ?
    09. うつらない
    10. 夢で逢えたら
    11. いつも雨
    12. なんかさ
    13. 明るい未来
    14. fam fam
    15. お別れの歌
    16. 夏のドキドキ

発売日:2020年3月18日(wed) 品番:VICL-65184
発売元:発売元:SPEEDSTAR RECORDS / BAYON PRODUCTION


never young beachのライブアルバム『HALL TOUR 2019 “STORY” Live at NHK HALL』が本日3月18日に配信リリースされた。
同作には昨年5月に東京・渋谷のNHKホールで開催されたライブから16曲の音源を収録。never young beachのメンバーに加えて、サポートとして、山本幹宗(Gt)、ハタヤテツヤ(Key)、小林うてな(Mar)、Meg(Cho)が参加した。あわせて同公演の模様を60分以上にわたって収めた映像がYouTubeで公開。

<HALL TOUR 2019 “STORY”(Live at NHK Hall)>
https://www.youtube.com/watch?v=Ho4tSyqLjTU

never young beach digital single『やさしいままで』

  • tracklist
    1. やさしいままで
    2. ららら
    3. やさしいままで(Instrumental)

発売日:2020年1月17日(wed) 
発売元:SPEEDSTAR RECORDS / BAYON PRODUCTION

M1: 映画「ロマンスドール」主題歌(2020年1月24日全国ロードショー)
M2: 映画「ロマンスドール」劇中歌

映画「ロマンスドール」主題歌&劇中歌を書き下ろし
2020 年 1 月 24 日に全国公開となる映画「ロマンスドール」に、never young beach が主題歌、劇中
歌として書き下ろし。「ラブドール職人と、一目で恋に落ちて結婚した妻との日々を描く」という型
破りな設定とセンセーショナルな展開が描かれた、タナダユキの小説「ロマンスドール」が原作。
2008 年「ダ・ヴィンチ」の連載開始から 10 年、原作者自らが脚本・監督を手掛けました。

digital all Link
https://jvcmusic.lnk.to/yasasiimamade
YOUTUBE
映画『ロマンスドール』(2020年1月24日(金)公開)主題歌版特別映像

ZOMBIE-CHANG digital single『MIMOSA』

  • tracklist
    1. MIMOSA

発売日:2019年12月23日(mon) 価格:単曲¥250
発売元:Roman LABEL / Bayon Production

フランス・パリのアーティスト/コンポーザー”Pierre Rousseau”と共作となった新曲「MIMOSA」が緊急リリース!

digital all Link
https://linkco.re/qXzA6Dnb

YOUTUBE
https://www.youtube.com/watch?v=aXuQ2LU5CAg

Yogee New Waves 7inch Vinyl『to the moon / あしたてんきになれ』

  • 7inch vinyl ※初回プレス限定
    tracklist
    SIDE A to the moon
    SIDE B あしたてんきになれ

発売日:2019年12月04日(wed) 価格:¥1,700(税抜価格) 品番:VIKL-30011
発売元:Colourful Records / BAYON PRODUCTION


オリンピックを前にした東京の狂騒へのアイロニーが内包された「別に明日死ぬわけじゃないし ここは東京 いかれた気分さ」という歌詞、「ねえ 月まで行こうか」と歌い、諦念や逃避など様々な感情を想起させるボーカルなど、東京で生まれ育った角舘健悟(Vo/Gt)が切り取る“今の都市への時代精神”を感じる作品。淡々としつつも有機的なビートに加え、夢見心地なシンセサウンドから生まれるSF感など独特の浮遊感を味わえるサウンドで構成されている楽曲。 – to the moon –

Yogee New Waves 4th e.p.『to the MOON e.p.』

  • tracklist
    DISC 1 [CD]
    1. to the moon
    2. あしたてんきになれ
    3. Honey Pie
    4. Sweet Melodies
    5. to the moon [Sen Morimoto Remix]

    DISC 2 [DVD]
    「C.A.M.P. DA HOI」

発売日:2019年12月04日(wed) 価格:¥2,500(税抜価格) 品番:VIZL-1657
発売元:Colourful Records / BAYON PRODUCTION


オリンピックを前にした東京の狂騒へのアイロニーが内包された「別に明日死ぬわけじゃないし ここは東京 いかれた気分さ」という歌詞、「ねえ 月まで行こうか」と歌い、諦念や逃避など様々な感情を想起させるボーカルなど、東京で生まれ育った角舘健悟(Vo/Gt)が切り取る“今の都市への時代精神”を感じる作品。淡々としつつも有機的なビートに加え、夢見心地なシンセサウンドから生まれるSF感など独特の浮遊感を味わえるサウンドで構成されている楽曲。 – to the moon –
―――――――――――――――――――――――――
《プロフィール》
2013年に活動開始。2014年4月にデビューe.p.『CLIMAX NIGHT e.p.』を全国流通でリリース。その後『FUJI ROCK FESTIVAL』《Rookie A GoGo》に出演。9 月には1st album『PARAISO』をリリースし、年間ベストディスクとして各メディアで多く取り上げられる。これまでに国内の多くのフェス、中国や台湾、韓国、タイ、香港などアジア各国でのツアーの成功など、海外での活動も広がる中、2019年3月には3rd アルバム「BLUEHARLEM」をリリースし、全14公演に及ぶ全国ツアー「TOUR BLUEHARLEM 2019」を開催。9月からは初のマレーシア公演、そして中国主要7都市を含む4カ国10都市に及ぶアジアツアーを開催中。さらに、最新曲「to the moon」が自身初のドラマタイアップ(テレビ東京ほかドラマ25「ひとりキャンプで食って寝る」主題歌)に決定し、同楽曲を収録した4th e.p.「to the MOON e.p.」を12月4日にリリース。また、恒例の対バンツアー“Dreamin Night Tour 2020”を2020年3月より開催予定。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
「to the moon」 タイアップ・ドラマ情報
番組名:ドラマ25「ひとりキャンプで食って寝る」
放送日時:2019年10月18日(金)スタート 毎週金曜深夜0時52分~1時23分
放送局:テレビ東京 テレビ大阪 ほか
配信:ひかりTV、パラビ
出演:三浦貴大 夏帆
演出:冨永昌敬 横浜聡子 
脚本:冨永昌敬 保坂大輔 飯塚花笑
プロデューサー:大和健太郎 滝山直史 横山蘭平
番組公式HP:https://www.tv-tokyo.co.jp/hitoricamp/

http://yogeenewwaves.tokyo