RELEASE

FLATPLAY new e.p.『Slightedge』

  • tracklist
    1. Slightedge
    2. Orpus
    3. Orpus (Altone rephrase)

発売日:2020.09.09 (wed)
発売元:Native Archives / BAYON PRODUCTION
FANLINK
https://lnk.to/flatplay-slightedge

ダブの煙の合間にきらめく電子音とともにグルーヴするマシン・ビート── Sohei Shinozakiによるテクノ・プロジェクト、FLATLPLAYの新作『Slightedge』。初夏にリリースしたシングル「Scarp」に続き、2020年の2作目、3曲入りの作品となる。彼の名前、そしてその姿は、いまやD.A.N.のライヴ・サポート、いわばステージ上の第5のメンバーとでも言うべき存在として知っている人も多いだろう。小林うてなとともに、いまやD.A.N.のライヴでは欠かせないキーボーディストとして活躍している。ノイズ系のユニットとしてスタートし、デトロイト・テクノのオリジネイター、ホアン・アトキンスに大きな衝撃を受けるなど、いつしかFLATPLAYと名乗る頃になった頃にはテクノになっていたという本プロジェクトだが、これまでに6人編制のライヴや、1作目の2018年『FirstExtended Play』リリースの頃にはライヴ・ドラムとのデュオなど、さまざまな変遷があるようだが、現在ではソロ・プロジェクトとして落ち着いている模様だ。2015年、その才能を世に示したのが、D.A.N.のファースト・リリース「EP」に提供した「Beach」のリミックス、次いでそのプロジェクトの全貌を示したのが2018年の『FirstExtendedPlay』といえるだろう。その後はD.A.N.への本格的なライヴでのコミットを経て、冒頭に紹介した「Scarp」をリリースし、ディスコグラフィー的には本作で3作品目のリリースとなる。本EPの冒頭を飾る表題曲「Slightedge」は力強いキックとともに、幻想的な雰囲気のなかで徐々にビルドアップ、印象的な女性ヴォーカルが、楽曲のさらなるスケールの増大を示す曲で、それこそ、その空気感はどこか彼のルーツとも言えるデトロイト・テクノの力強さを感じるものだ。続く「Orpus」はもう少しミニマルに振れた作品で、疾走するグルーヴとともに抑制されたテンションがジワリとジワリと上がっていくなか、物語を描いていくウワモノが気持ち良く駆け抜けていく。そして最後の「Orpus (Altone Rephrase) 」は、その名の通り、「Orpus」の別ヴァージョン、というかダブ・ヴァージョン。モーリッツ・フォン・オズワルド/マーク・エルネスタスによる、1990年代中頃の後期ベーシック・チャンネル〜Mシリーズを彷彿とさせる楽曲で、ハイハットとブーストされたベースが淡々としたグルーヴを刻むなか、微細なエコーと電子音が行き来するミニマル・ダブとなっている。ダンスフロアへと向かうテクノではあるが、いわゆるDJツールとも違った表現力、その深みをさらに増したFLATPLAYの作品。新たなスケール感がもたらす、そのサウンドが開くフィールドに今後も期待が募る、そんな作品となっている。
(河村祐介/OTOTOY)

―――――――――――――――――――――――――
《Profile》
2015年、パフォーミング・ノイズ・ユニット「乾燥胎児」を母体に東京都在住のSohei Shinozakiによるソロ・ユニットとして始動。その豊富なバンド経験を元手に様々なジャンルの音楽要素を取り入れ、ミニマル・サウンドへと昇華する形でトラック・メイキング、ライブ活動を行っている。現行のシーンでも無二の存在として注目を浴びているD.A.N.の自主制作音源集『DAN ZINE』及び『EP』にremixを提供したことから注目され始め、生で演奏すると言う事にはらみ込む一つの持続感を注ぎ込んだビート・トラックは業界を始めとして賞賛を集め始めている。2019年からD.A.N.のSupport Memberとしてライブに参加している。2017年3月に『First Extendet Play』をリリース。

ZOMBIE-CHANG 4th album『TAKE ME AWAY FROM TOKYO』

  • tracklist
    01. STAY HOME
    02. CAFFEINE & NICOTINE
    03. JE NE SAIS PAS
    04. ROCK SCISSORS PAPER
    05. RESPAWN
    06. SNOOZE
    07. GOLD TRANCE
    08. TAKE ME AWAY FROM TOKYO
    09. GIANT PANDA
    10. 美しい愛の日々

発売日:2018.08.05(wed) 
発売元:Roman Label / BAYON PRODUCTION
 
FANLINK
https://lnk.to/zombiechang-takemeawayfromtokyo

ZOMBIE-CHANG “?” プロジェクトを経て遂に4th Album「TAKE ME AWAY FROM TOKYO」をリリース!
Meirinのソロプロジェクト<ZOMBIE-CHANG>が4th album『TAKE ME AWAY FROM TOKYO』をリリース。前作の「PETIT PETIT PETIT」のバンドサウンドとは打って変わって、Meirinのバックボーンにある”デジタルサウンド”を全面に、BPM60~170でTECHNO-HOUSE-ELECTEOといった彼女の潜在的なセンスが溢れ出たフレッシュなアルバムが完成!最新アーティスト写真と、ジャケットアートワークは写真家・水谷太郎の撮り下ろし。
コロナ渦の緊急事態宣言中に映像作家のRyuichi Onoと共に作り上げた「STAY HOME」
日常の中に佇むコーヒーとタバコ。日々流れるダークでスモーキーな気持ちを表した「CAFFEINE & NICOTINE」
彼女の身体の中から溢れ出るフランス愛。JUSTICE・BREAKBOT 所属レーベル“Ed Banger Records”を彷彿させるフレンチエレクトロ色満載の「JE NE SAIS PAS」
子供から大人まで体を揺らしながらグーチョキパー「ROCK SCISSORS PAPER」
彼女自身が好きなFPS(PUBG, COD)からインスピレーションを受けた「RESPAWN」
誰しもが“夢”と“現実世界”の狭間にある目覚まし時計「SNOOZE」
ー何色にでもなれるし、何色へも変われるー 自分が持っている“色”の大切さを歌った「GOLD TRANCE」
大都会東京の中にある誰もがふとした瞬間に感じる寂しさを表した「TAKE ME AWAY FROM TOKYO」
アジアンテイストが入ったサウンド共に“あいくるしさ”を表現した「GIANT PANDA」
朝昼晩 生活に溢れる愛すべき日常の日々を歌った「美しい愛の日々」を含めた全10曲を収録。
―――――――――――――――――――――――――
《Profile》
メイリンのソロプロジェクト、ZOMBIE-CHANG(ゾンビーチャング)。作詞作曲、トラック、リリック全てを彼女が手掛け、2016年に配信「恋のバカンス E.P.」でデビュー。
その後、1stアルバム『ZOMBIE-CHANGE』をリリース。2017年3月には2ndアルバム『GANG!』をリリースし、リリースパーティーを青山のPIZZA SLICEで開催。2018年に3rdアルバム『PETIT PETIT PETIT』をリリースし、FUJI ROCK FESTIVAL ‘18への出演。初のツアーを国内3都市と、中国、台北、香港のアジアツアーも決行し盛況に終える。カナダのR&BシンガーThe Weekndが、自身で選曲したApple musicのRadio Program “beats1″に「イジワルばかりしないで」を選曲、またインスタグラムの告知ティザーのBGMでも使用され大きな話題に。2019年6月にはフランスで開催される音楽フェスLa Magnifique Societyに出演。9月には『PETIT PETIT PETIT』をUKのレーベル“Toothpaste Records”よりVinylでリリース。音楽プロジェクト以外にも、モデル、執筆業などでも活動。
ジャンルに捉われないオリジナルティ溢れる音楽性と、 独自の世界観を放つライブ・パフォーマンスは中毒性が高く、今最も注目される女性アーティストのひとり。
http://www.zombie-chang.com

Yogee New Waves digital single『White Lily Light』

  • tracklist
    1. White Lily Light

発売日:2020年7月12日(sat)
発売元 : SSWB / Bayon Production

digital all Link
https://jvcmusic.lnk.to/WhiteLilyLight

YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=o_eBbigIECk
―――――――――――――――――――――――――

3rd AL「BLUEHARLEM」で、島々を“漂流” したドラマチックな3 部作を完結させ、前作「to the MOON e.p.」では月へ想いを馳せたYogee New Waves。新章の幕開けを告げる最新曲「White Lily Light」は疾走感に溢れるビートに乗せてVo角舘健悟が“風のような気分で” と軽やかに歌い、アコースティック楽器が存在感を増したバンドアンサンブルは、過去のサウンドと一線を画し、爽やかな風を感じさせる。彼らが新しい一歩を踏み出したことを確かに示した1曲。

D.A.N. digital single『Aechmea』(Airhead Remix)

  • tracklist
    1. Aechmea [Airhead Remix]

発売日:2020年6月6日(sat)
発売元 : SSWB / Bayon Production

digital all Link
https://lnk.to/aechmeaairheadremix
―――――――――――――――――――――――――

D.A.N.が昨年リリースした3曲のシングルを、Mogwai、Airhead、食品まつり a.k.a foodmanの
3アーティストがそれぞれremixを手掛け、5/23より3週連続でデジタルリリースします!
3週目は、James Blakeのサポートギタリストでもあり、JBが主宰するレーベル”1-800 DINOSAUR”や”HEMLOCK”などから作品をリリースするUKのプロデューサー<Airhead>による『Aechmea』

comment
‘I met with Daigo in a pub in February where he told me about conspiracy theories and modular synthesis.
This remix was fun to make and the original is very good’
“今年の2月、ダイゴとロンドンのパブで再会しました。彼はそこで、陰謀論やモジュラーシンセについて話してくれたのが印象に残っています。
「Aechmea」はオリジナルバージョンがすごく良かったので、この楽曲をリミックスできたことは自分にとっても楽しい体験でした。”
from Airhead

D.A.N. digital single『Bend』(Mogwai Remix)

  • tracklist
    1. Bend [Mogwai Remix]

発売日:2020年5月30日(sat)
発売元 : SSWB / Bayon Production

digital all Link
https://lnk.to/bendmogwairemix
―――――――――――――――――――――――――

D.A.N.が昨年リリースした3曲のシングルを、Mogwai、Airhead、食品まつり a.k.a foodmanの
3アーティストがそれぞれremixを手掛け、5/23より3週連続でデジタルリリースします!
結成25年、90年代後半にポストロックという潮流を生み、いまだシーンを牽引し続ける重鎮でありグラスゴーの至宝<Mogwai>。
フロントマンであるスチュワートによる、轟音的アプローチを響かせ叙情的に美しく昇華させた『Bend』

comment
“I really enjoyed remixing DAN. It’s always interesting to get a look at how other people
make music and getting to put my own touch to it. I’m really happy with how it turned out.
“「Bend」のリミックス、とても楽しませてもらいました。アーティストがどのように音楽を創造しているのかを覗き込み、
自分の手で触れるということは、いつも興味深い体験です。その時間を経て生まれた今回のリミックスに、とても満足しているし、うれしく思っています。”
from Stuart Braithwaite (Mogwai)

D.A.N. digital single『Elephant』(食品まつり a.k.a Foodman Remix)

  • tracklist
    1. Elephant [食品まつりa.k.a foodman Remix]

発売日:2020年5月23日(sat)
発売元 : SSWB / Bayon Production

digital all Link
lnk.to/elephantfoodmanremix
―――――――――――――――――――――――――

D.A.N.が昨年リリースした3曲のシングルを、Mogwai、Airhead、食品まつり a.k.a foodmanの
3アーティストがそれぞれremixを手掛け、5/23より3週連続でデジタルリリースします!
1週目は、国内外の様々なレーベルからリリースを重ね、シカゴ・フットワークからのインスパイアと
ポスト・インターネット以降のハイブリッドな感覚から浮かび上がる特異のサウンドで、
ニューエイジやアンビエントとひも付ける新世代の電子音楽家<食品まつり a.k.a foodman>による『Elephant』

comment
原曲がディープなトライバルさがあり、歌詞の世界観も含めて異世界感がとても面白いと思いました。
今回は自分がバンドマンになったような感覚でパーカッシブかつアンビエント寄りなアレンジで組み直してみました。
from 食品まつり a.k.a foodman

never young beach 7inch Vinyl『サイダーのように言葉が湧き上がる / シティサイド・ラプソディ』

  • tracklist
    SIDE A. サイダーのように言葉が湧き上がる
    SIDE B. シティサイド・ラプソディ

発売日:2020年5月13日(wed) 価格:¥1,500(税抜価格) 品番:VIKL-30015
発売元:発売元:SPEEDSTAR RECORDS / BAYON PRODUCTION


フライングドッグ10周年記念作品、映画「サイダーのように言葉が湧き上がる」主題歌!
1月に映画『ロマンスドール』主題歌「やさしいままで」を配信リリースし、3月からは『ネバヤンのギャー!!ツアー』を控え、話題沸騰中のnever young beachが、5月公開のフライングドッグ10周年記念作品アニメ映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』の主題歌を書き下ろし!本作は、4th AL「STORY」や配信シングル「やさしいままで」で魅せたサウンドの境地と、3rd AL「A GOOD TIME」のエネルギッシュで明るい雰囲気を取り込んだアップチューンの楽曲で、映画の舞台である田園風景や少年少女の多感な気持ちを代弁するような青くみずみずしい楽曲となっている。
映画内では「レコード」や「プレス工場」などがキーワードとして登場、親和性が高いアナログ盤もリリース!

<映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』予告映像>
https://www.youtube.com/watch?v=luWcue3t2OU

never young beach single『サイダーのように言葉が湧き上がる』

  • tracklist
    1. サイダーのように言葉が湧き上がる
    2. シティサイド・ラプソディ
    3. サイダーのように言葉が湧き上がる (Instrumental)
    4. シティサイド・ラプソディ (Instrumental)

発売日:2020年5月13日(wed) 価格:¥1,000(税抜価格) 品番:VICL-37536
発売元:発売元:SPEEDSTAR RECORDS / BAYON PRODUCTION


フライングドッグ10周年記念作品、映画「サイダーのように言葉が湧き上がる」主題歌!
1月に映画『ロマンスドール』主題歌「やさしいままで」を配信リリースし、3月からは『ネバヤンのギャー!!ツアー』を控え、話題沸騰中のnever young beachが、5月公開のフライングドッグ10周年記念作品アニメ映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』の主題歌を書き下ろし!本作は、4th AL「STORY」や配信シングル「やさしいままで」で魅せたサウンドの境地と、3rd AL「A GOOD TIME」のエネルギッシュで明るい雰囲気を取り込んだアップチューンの楽曲で、映画の舞台である田園風景や少年少女の多感な気持ちを代弁するような青くみずみずしい楽曲となっている。
映画内では「レコード」や「プレス工場」などがキーワードとして登場、親和性が高いアナログ盤もリリース!

<映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』予告映像>
https://www.youtube.com/watch?v=luWcue3t2OU

never young beach digital album『HALL TOUR 2019 “STORY” Live at NHK HALL』

  • tracklist
    01. STORY
    02. どうでもいいけど
    03. Motel
    04. あまり行かない喫茶店で
    05. 雨が降れば
    06. 気持ちいい風が吹いたんです
    07. 春を待って
    08. どんな感じ?
    09. うつらない
    10. 夢で逢えたら
    11. いつも雨
    12. なんかさ
    13. 明るい未来
    14. fam fam
    15. お別れの歌
    16. 夏のドキドキ

発売日:2020年3月18日(wed) 品番:VICL-65184
発売元:発売元:SPEEDSTAR RECORDS / BAYON PRODUCTION


never young beachのライブアルバム『HALL TOUR 2019 “STORY” Live at NHK HALL』が本日3月18日に配信リリースされた。
同作には昨年5月に東京・渋谷のNHKホールで開催されたライブから16曲の音源を収録。never young beachのメンバーに加えて、サポートとして、山本幹宗(Gt)、ハタヤテツヤ(Key)、小林うてな(Mar)、Meg(Cho)が参加した。あわせて同公演の模様を60分以上にわたって収めた映像がYouTubeで公開。

<HALL TOUR 2019 “STORY”(Live at NHK Hall)>
https://www.youtube.com/watch?v=Ho4tSyqLjTU

never young beach digital single『やさしいままで』

  • tracklist
    1. やさしいままで
    2. ららら
    3. やさしいままで(Instrumental)

発売日:2020年1月17日(wed) 
発売元:SPEEDSTAR RECORDS / BAYON PRODUCTION

M1: 映画「ロマンスドール」主題歌(2020年1月24日全国ロードショー)
M2: 映画「ロマンスドール」劇中歌

映画「ロマンスドール」主題歌&劇中歌を書き下ろし
2020 年 1 月 24 日に全国公開となる映画「ロマンスドール」に、never young beach が主題歌、劇中
歌として書き下ろし。「ラブドール職人と、一目で恋に落ちて結婚した妻との日々を描く」という型
破りな設定とセンセーショナルな展開が描かれた、タナダユキの小説「ロマンスドール」が原作。
2008 年「ダ・ヴィンチ」の連載開始から 10 年、原作者自らが脚本・監督を手掛けました。

digital all Link
https://jvcmusic.lnk.to/yasasiimamade
YOUTUBE
映画『ロマンスドール』(2020年1月24日(金)公開)主題歌版特別映像